2013年04月14日

第63回 NHK杯テレビ将棋トーナメント   4月14日 1回戦 第 2局

第63回 NHK杯テレビ将棋トーナメント
  4月14日 1回戦 第 2局

第63回トーナメント表はこちらです。

■ 4月14日 1回戦 第 2局
飯島 栄治 七段 VS 見 泰地 四段
   解説者 勝又 清和 六段

NHKテレビトーナメント.gif


勝又六段の初心者にはやさしい解説でした。
しかし、最後の先手勝ちの読みが出来なかったのは残念でしね。

58手目の6四角打からの展開が早く、ここが敗着手になったのですかね〜


次回は
歩駒.gif 4月21日 1回戦 第 3局
堀口 弘治 七段 VS 永瀬 拓矢 五段
   解説者 中村 修 九段


本局の感想書き込み願いますね!わーい(嬉しい顔)


将棋情報」TwitterやFacebook からの将棋の情報を元に毎朝、更新されています。
  こちらの方もよろしく!



みなさんの棋力はどんなもんかなぁ〜 アンケートでちょこっと、みんさんの棋力を知りたい!!



-おまけ-
第2回電王戦第4局をニコ動で視聴しました。
これまでコンピュータの2勝1敗でプロ棋士には後がない中、塚田九段の
プレッシャーはかなりのものと思われました。
※棋譜を載せますが、どうもフラ盤で最終手をクリックするとバグっちゃいます。
一手一手進めてください。


Puellaα 対 塚田泰明 九段

最終手まで進めるとバグりますので注意してください。

「攻め100%」「昇天流」といわれる豪快な攻めの棋風の塚田九段。
もう負けられないというプレッシャーの中、中盤の形勢が悪いとみるや
自分の棋風を捨てて、入玉模様となった。
終盤は駒の数で負けていた塚田九段の執念の持将棋へと持ち込み、
なんとか引き分けに持ち込む事が出来、最終局の三浦八段へと
バトンを渡すことが出来た。
ホッとしたのか、塚田九段の目から涙が流れた時には感動ものでした。
こんな将棋もあるんですねぇ〜


今日はこんなもんかなぁ


posted by daichan88 at 12:13 | 千葉 ☁ | Comment(0) | 将棋 NHK杯の結果と詰将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。