2012年03月11日

NHK杯将棋トーナメント  3月 11日 準決勝 第 2局

NHK杯将棋トーナメント
 3月 11日 準決勝 第 2局

NHK杯将棋トーナメント 
第61回トーナメント表

■ 3月11日 準決勝 第 2局
 羽生 善治 NHK杯 VS 畠山 鎮 七段
    解説者 中村 修 九段
NHKテレビトーナメント.gif


今年度のNHK杯戦、もう来週で決勝ですね。
羽生NHK杯が10度目の優勝と4連覇、そして、「名誉NHK杯選手権者」を手中に出来るか?
これまでの優勝回数では大山康晴が8回、加藤一二三が7回優勝でまさしく前人未到です!
それにたちはかだるのは今回ダークホース的存在の畠山七段。
棋戦優勝経験の無い、畠山七段は恐らく初優勝に向けて対羽生戦の研究に相当な時間を
費やして来ていることでしょうね。
その畠山七段はこのNHK杯では苦い経験の持ち主でして、女流中井広恵に敗れて同棋戦における
史上初の女流棋士の勝利を献上してしまった。
※尚、2回戦でも当時のA級青野照市九段にも中井女流六段は勝利している中井女流。
おまけとして、下部の方に中井女流に負けてしまった棋譜を載せますね^^

さて、本局!!
時計係りの荒木3段の力強いクロックボタンを押す音。(ウルサッ)
それとは逆に穏やかに相矢倉で駒組みが行われ、ようやく45、6手目の2五桂、3三桂で一触即発。
49手目で長考し、5五歩、1五歩と突き捨が続き、3五歩の突き捨ての畠山七段。
序盤の5筋位取りは畠山九段に分があったと思いますが、先手4六銀引きが攻めを
遅らせてしまい、後手に角を角を成らせてしまったのが敗因でしょうか?
しかし、畠山七段の「攻め」棋風がよく出ていた一局でした。

畠山羽生.bmp

おまけ
■2003年度NHK杯戦 6月16日一回戦
中井広恵女流六段 VS 畠山 鎮 七段


いよいよ、羽生NHK杯の「名誉NHK杯選手権者」へ王手です。
しかし、羽生二冠の永世竜王を阻んだのが渡辺明竜王!
今回ももしかして・・・
来週の決勝は必見ですね。

本局の感想書き込み願いますね!わーい(嬉しい顔)

歩駒.gif次週 3月18日 決 勝 
 羽生 善治 NHK杯 VS 渡辺 明 竜王
    解説者 森内 俊之 名人

将棋情報」TwitterやFacebook からの将棋の情報を元に毎朝、更新されています。
  こちらの方もよろしく!

今日は・・・
 早いもので昨年3月11日、東日本大震災から1年が経ちました。
 いろいろな諸問題の解決まで、まだまだですが「たちあがれ日本!」を合言葉で
 頑張りましょう!
posted by daichan88 at 12:03 | 千葉 ☁ | Comment(0) | 将棋 NHK杯の結果と詰将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。