2011年04月09日

第69期名人戦七番勝負第一局


'11年04月7,8日  第1局

木義明文科大臣の振り駒で先手森内九段、後手羽生名人となりました。
お互いに永世名人の資格を持つ、両者の戦いはこれまでの戦歴は名人の58勝44敗。
しかし、先手での森内九段は32勝24敗と勝率が0.571と勝ち越している。


■'11年04月7,8日  第1局
      東京都文京区の椿山荘


終局後、森内九段は「右側の駒が働かない展開になってしまった。ある程度、
考えていた順だが、あまりうまくいかなかった。我慢して指すしかない、と
思っていた。(84手目)△5三角と打ってもらって、良くなったと思った。
この調子でやっていきたい」と・・・・

一方、羽生名人は「封じ手の42手目△7五歩のあたりは、うまく手が出来
ないか、と思ったが、ちょっと攻めが軽かったですかね。もうちょっと攻め
方を工夫する必要があったような気がします。次、また頑張ります」との事。

80手目の△2五飛のところまでは羽生名人の有利と激指評価!?
野球で言えば、ほぼ完封勝利の森内九段でしたかね。

歩駒.gif次回、第2局は4月20・21日(水・木)浜松で対局。
立会:石田和雄九段 毎日副立会:神谷広志七段 朝日副立会:木村一基八段


今日はこんなもんかなぁ



posted by daichan88 at 10:25 | 千葉 ☔ | Comment(0) | 将棋 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。