2011年04月03日

NHK杯将棋トーナメント '11年04月03日 1回戦 第1局の結果


NHK杯将棋トーナメント 
第61回トーナメント表

■'11年 4月 3日  1回戦 第 1局
 松尾  歩 八段 VS 中村 太地 五段
  解説 先崎  学 八段

NHKテレビトーナメント.gif


松尾七段の82手目、力強い桂打ちに勝ちが見えたのでしょう!
妙手となるのは▲中村五段の端攻めに対しての72手目、1一香打ちでしょうかね!

門倉四段がまだ、時計係でしたが、これが最後の担当なのでしょうか

さて、今期から、
全局振り駒 持ち時間 各10分(チェスクロック使用)、切れたら一手30秒の秒読み。
ほかに1分単位で任意の10分間の考慮時間あり。

この5分短縮は新番組「囲碁将棋フォーカス」の番組枠確保の為なのでしょうか。
隔週で将棋・囲碁というふうに、今週はどうやら、囲碁だけ〜
なんか将棋ファンにとっては無念じゃのう(;´Д`)

歩駒.gif4月10日 1回戦 第2局
 鈴木 大介 八段 VS 遠山 雄亮 五段
  解説 屋敷 伸之 九段

解説の屋敷九段は今期、初のA級に昇格しました。
初タイトルが18歳6ヶ月で棋聖へ、それから20年でA級棋士の仲間入り!
どんな解説をするか楽しみですね。(チョット甲高い声ですが・・・)


今日はこんなもんかなぁ

posted by daichan88 at 12:05 | 千葉 ☁ | Comment(2) | 将棋 NHK杯の結果と詰将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しく拝見いたしております。

6六銀が早かったんじゃないかと思いました。
その後の5五角が、結果として1一香打に結び付いたんじゃないかと。



Posted by saito at 2011年04月04日 17:46
saitoさん、ありがとうございます。
73手目の1六香打のところを8八銀、9八馬、9九香で
馬を詰ませば展開が変わっていたかもしれませんね。
「激指9」で毎回、棋譜を解析しているのですが、
激指での敗着は65手目の1八飛車でした( ゚д゚)ポカーン
その前に中村五段、41手目の仕掛けが早かったような気がします。
これも持ち時間5分短縮の影響なのかなぁ〜
Posted by daichan88 at 2011年04月04日 18:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。