2011年01月06日

羽生名人の5二銀&阪田三吉の端歩

日曜日の『爆笑問題のニッポンの教養』に羽生名人名が出演されてました。
その中で紹介された棋譜を紹介しましょう。

放映日:1989/02/05
:第38回NHK杯戦4回戦第1局
表題:驚愕の妙手が出た有名な一局!
「羽生善治五段」vs「加藤一二三九段」

「羽生マジック」と言われる加藤一二三九段との終盤61手目の5二銀。
金で取っても飛車で取っても加藤九段の玉は詰む!




この動画も結構出回っていますので載せちゃいましょう。



すごいですね!!


おまけ
後手、阪田三吉が後手初手にて端歩を突いた手です。
「月下の棋士」で主人公の端歩はここから来ているんですね。

棋戦詳細:天竜寺の局(東京日日新聞)
「花田長太郎八段」vs「阪田三吉」

 


今日はこんなもんかなぁ


posted by daichan88 at 17:55 | 千葉 ☀ | Comment(0) | 将棋 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。