2009年03月14日

雇用調整助成金

大幅な減産に伴い、派遣社員とシニア社員を全員解雇となったが、
余剰人員の事務所や間接部門を本社人事部扱いとなった。

彼らは当面、事務所の余っている部屋に集められて、教育を行う。
そして、月に14日間の一時帰休とか・・・

中に「レイオフ」って言ってたが、実際は意味が違っていて、

レイオフとは?
再雇用を条件とした解雇のことです。会社の業績悪化時に一時的な
人員削減を行い、人件費を抑えるための手段の一つとされています。
業績回復時には優先して再雇用することを約束とのこと。

一時帰休とは?
一時帰休とは、操業圧縮などを行うにあたって、労働者を一時休業
させること。使用者は賃金を60%以上の賃金を払うこと。

オイラの会社では賃金を95%を保証すると言ってた。

休暇以外の日は講習や資格を取るための勉強をするそうだ。

会社としては賃金を支払うわけだが、下記の条件として国から助成金が支払われる。

 @従業員に休業手当を支払った場合
 A従業員の教育を行って、通常の賃金と同じような額の賃金を
  支払った場合
 B従業員を出向させて、出向前とおおむね同じ額の賃金を支払っ
  た場合

以上、我社も同じ条件で実施しているので、国から助成金をもらう事となる。

結局は残った従業員が今までの仕事の倍をこなすハメとなっているので、
大変となることは間違いないだろう。
まっ、働けるだけで感謝だけどね

今日はこんなもんかなぁ










posted by daichan88 at 12:35 | 千葉 ☔ | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。